多焦点眼内レンズは日々進歩

白内障は、目の中にある「水晶体」と呼ばれます、カメラでいえば「レンズ」にあたる部分の核が濁ってしまうことで発症します。レンズの中が濁ってしまうと、光は規則正しく網膜へ届くことができないので、かすむ、まぶしい、視界が黄色くなる、ダブってみえる、などの症状がみられ、視力が低下します。白内障の手術(水晶体再建術)は、濁ってしまいましたとしてました水晶体の中の核を摘出し、代わりに水晶体の中に人工レンズを挿入します。この手術によって、かすむ、まぶしい、視界が黄色くなるとかいという症状を無くし、視力矯正(屈折矯正)ができるようになってくるでしょう。人工レンズには現在、単焦点のタイプと多焦点のタイプがありまして、患者さまのライフスタイルなどによりまして、選択していましただくことができます。ただし、両方の目に違うタイプのレンズを挿入すると、左右の目の見え方が変化してしまいましたんだとしてましていますので、左右には同じタイプのレンズを使用します。多焦点眼内レンズは日々進歩しており、中間距離にピントが合うレンズや近く・中間・遠方とほぼ多くの距離にピントが合うレンズ、乱視用多焦点レンズなどいくつか種類があげられます。