日常生活でなるべくメガネを使いたくない人

白内障手術時に眼内に入れるレンズは、一般には単焦点の眼内レンズを使います。白内障手術後は調節機能がなくなるため、焦点(ピント)が合う範囲が1点になるのでしょう。このため、術後は眼鏡が必要になるんです。たとえると遠くに焦点が適してる場合には近用の老眼鏡が必要となって、近くに焦点が適したりする場合は遠方用の眼鏡が必要となるんです。この欠点を補うために登場したのが多焦点眼内レンズです。多焦点眼内レンズは、遠近両用眼鏡やコンタクトと理論的には同じで、遠中や遠近距離に焦点を合わせることできる。ただし、レンズの構造が複雑なために、単焦点レンズに比べますと、暗所で光が散乱し、光の周辺に輪が架かって見えます現象(ハロ・グレア現象)やコントラスト感度の低下(見え方の質の微妙な低下)が起きる場合があるのです。多焦点眼内レンズは、日常生活でできるだけメガネを使いたくない方に向いているのです。ここでぜひご存知おいてほしいことは、多焦点眼内レンズによる見え方が単焦点眼内レンズより優れているわけではないだろうかということなのです。焦点が合う1か所のみの見え方で比べたら、実は単焦点眼内レンズの方がクリアに見えますと感じるかもしれない。多焦点眼内レンズは1か所の見え方の質にこだわるのでではなく、見えます範囲を広げ、日常生活でなるべくメガネを使いたくない人に向いていますのです。