白内障手術後のメガネの使用が少なくなる

現在まだ主流の単焦点眼内レンズはもっともよい結果を与えるのですけど、その欠点は調節力がない、その為手術後もメガネが必要になることが多い点だった。それに対して、メガネをするのに非常に抵抗があるという患者さんには、今までのレンズに比べてメガネを使用する頻度が極めて多くないレンズ、それが多焦点眼内レンズです。遠近あるいは遠中距離など2つの焦点があるのです。視力矯正(屈曲矯正)を目的として使います。白内障手術により、水晶体の核の代わりに多焦点眼内レンズを挿入するだけで、遠方と近方の両方に焦点を合わせることが出来るようになるのでしょう。遠方で約5m、近方で約30cmに焦点が合わせられるようになることから、メガネの使用を少なくすることの方が出来るようになるという特徴があげられます。従来の眼内レンズは単焦点(焦点が1つ)のため、遠方と近方の両方に焦点を合わせることが難しく、どっちかはメガネを使用する必要があったのだった。多焦点眼内レンズの場合は、遠方にも近方にも焦点を合わせることが出来るため、白内障手術後のメガネの使用が少なくなると言い聞かされます。