老眼鏡の必要性が大幅に減ります

多焦点眼内レンズは誰にでも合うわけではないです。白内障以外の病気、たとえると緑内障や網膜の病気がある方は、多焦点眼内レンズの適応にならない。さらに、もっとも細かいものを見るみたいな職業の方にも向いてわない。ちゃんと検査を受けまして、主治医とよく相談して下さい。多焦点眼内レンズの手術は健康保険でカバーされない。先進医療という枠組みで行われているので、一部を患者さん本人に負担して頂く必要があるのです*。多焦点眼内レンズは高価なレンズですけど、値段が高いから良く見えますというかんじではりません。手術を受けてみたけれども、どうやら合わなくて、単焦点眼内レンズに入れ換えるということもあげられます。目の状態やライフスタイルを考慮し、主治医の先生とよく相談して下さい。単焦点眼内レンズは1か所に焦点が合うので、左写真みたいに遠くに焦点を合わせると近くはぼやけるのです。ですから手元のガイドブックを読むには老眼鏡が必要になるのでしょう。一方、多焦点眼内レンズは遠くのみならず手元も見やすくなってくるので、老眼鏡の必要性が大幅に減ります。